↓おすすめのライトノベル(評価7点以上)はこちらから

アリソン

時雨沢 恵一 (著)/黒星 紅白 (イラスト)
(1巻)
「キノの旅」シリーズで有名な時雨沢恵一さんの作品。
プロペラ式戦闘機が飛ぶ、第一次世界大戦あたりのヨーロッパがモチーフと思われる架空世界が舞台です。
2002年の作品ということで、いまから16年ほど前の古い小説です。飛行機乗りの少女と幼馴染の少年が、宝物の場所を知るさらわれた老人を追って敵国へ、という冒険ストーリーですが、ストーリー展開はとてもオーソドックスというか懐かしい感じがしました。
ヒロインのアリソンは美少女ですが、萌えやツンデレやラブコメ要素はほとんど無く、剣や魔法のファンタジー要素も無く、ロボや超能力や怪異も登場せず、古き良き正統派冒険ジュブナイルと言っていいかもしれません。しかし正統派だけにやや特徴に欠けるというか、何か物足りなさを感じてしまいます。
それでも話自体は面白く、万人にすすめられるタイプのライトノベルです。

個人的お気に入り度(10点中)07点。


-出版社紹介文-
巨大な大陸が一つだけある世界―その大陸は二つの連邦に分けられていて長い間、戦争を繰り返していた。その東側の連邦に暮らす、学生ヴィルと軍人アリソンは、二人とも17歳。ある日ヴィルは、アリソンと一緒に街外れまで行き、そこでホラ吹きで有名な老人と出会う。その老人は二人に“宝”の話をする。『戦争を終わらせることができる、それだけの価値がある宝』―。しかし、二人の目の前でその老人は誘拐されてしまう。そして…。「キノの旅」の時雨沢恵一&黒星紅白が贈る新作長編!胸躍るアドベンチャー・ストーリーの幕が今上がる。

アリソン (電撃文庫)アリソン (電撃文庫)
時雨沢 恵一 黒星 紅白

メディアワークス 2002-03-01
売り上げランキング : 319667

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント