FC2ブログ
↓おすすめのライトノベル(評価7点以上)はこちらから

風の白猿神(ハヌマーン) ―神々の砂漠

富士見ファンタジア文庫 1995/1/1滝川 羊 (著)いのまた むつみ (イラスト)(単巻)1994年第六回ファンタジア長編小説大賞受賞作。1995年刊行のサイエンスバトルファンタジー。記憶にある限り、自分が読んだ一番古いライトノベルは1998年刊行の「フルメタルパニック!」ですが、それよりさらに3年前のかなり古い作品です。文明世界を破壊した大戦争後の地球で、インド神話、日本神話、ギリシャ神話などをモチーフとした神格匡体と呼...
すべて読む
スポンサーサイト



植物図鑑

幻冬舎文庫 2013/1/11有川 浩 (著)(単巻)書店の平棚で、なんとなくタイトルが気になって買ってみました。買ってから気が付いたのですが、作者さんは「図書館戦争」「旅猫レポート」の有川浩さんでした。どちらもアニメや映画にもなっている人気作ですが、自分の好みにはあまり合わず、評価は低めでした。この「植物図鑑」も漫画や実写映画になっていて、やはり人気が高い作品のようですが、、、男性向けライトノベルでは「空から...
すべて読む

それでも異能兵器はラブコメがしたい

角川スニーカー文庫 2018/4/1カミツキレイニー (著)切符 (イラスト)(単巻)「こうして彼は屋上を燃やすことにした」や「かりゆしブルー・ブルー」の作者さんの作品ですが、以前に読んだこれらの作品より、ずっとライトノベルっぽいライトノベルです。かなり特殊な超能力を持った少女たちの現代SFバトルですが、物語のヒロインは「ラブコメ」にあこがれて施設を逃げ出す、という設定になっています。設定はユニークで、バトルも...
すべて読む

三角の距離は限りないゼロ

電撃文庫 2018/5/10岬 鷺宮 (著)Hiten (イラスト)(既刊4巻)「読者と主人公と二人のこれから」の作者さんの最新作です。「このライトノベルがすごい!2019」の新作3位ということなので期待しましたが、、、内容は普通の男子高校生と二重人格の女子高校生との、ちょっと複雑な恋愛物語です。二重人格、という設定はライトノベルでは珍しくないと思いますが、ギャグでもSFでもない世界で「二重人格を隠して高校生活をおくる」とい...
すべて読む

ビストロ三軒亭の謎めく晩餐

角川文庫 2018/9/22斎藤 千輪 (著)(既刊3巻)もはや定番ジャンルとなった感があるグルメ系ライト文芸です。三軒茶屋のビストロを舞台に、オーナーシェフが謎解きをする、という設定ですが、基本的には人間ドラマが中心で、謎解き要素はオマケ程度かと思います。登場人物はみんないい人ばかりで、全体的に心温まるお話になっています。ただ「決まったメニューが無くてお客様に合わせた料理を」とか「お客様のテーブルに専任のギャ...
すべて読む

錆喰いビスコ

電撃文庫 2018/3/10瘤久保 慎司 (著)赤岸K (イラスト)mocha (イラスト)(既刊5巻)「このライトノベルがすごい!2019」で、総合、新作部門を史上初ダブル1位という快挙を成し遂げた作品、とのことで、興味はあったのですが、なんとも荒々しい印象を受ける表紙絵で敬遠していました。しかし意を決して(?)読んでみると、なるほどこれは世界観もキャラクターも文章もぶっ飛んでいて、とんでもなくユニークで個性的なライトノベルで...
すべて読む

HELLO WORLD

集英社文庫 2019/6/21野崎 まど (著)(単巻)内気な男子高校生が、未来の恋人を事故死の運命から救う、というタイムリープとか並行世界系の現代SFです。野崎まどさんの小説は大好きでほとんど読んでいます。このブログでも「know」には10点満点の評価を付けています。アニメ映画化も決まっていて、期待度MAXで読みはじめましたが、、、、かなり大掛かりなSF的な仕掛けと、高校生のピュアな恋愛が柱になっているのですが、どちらも...
すべて読む

農ガール、農ライフ

祥伝社文庫 2019/5/15垣谷美雨 (著)(単巻)ライト文芸寄りの一般大衆小説、でしょうか。派遣の仕事が切られ、同棲していた彼とも別れ、仕事も住む場所も失いかけた三十代の女性が、農業での生活を志して勉強を始める、というお話。農業の雑学や農家の現状といったネタを軸に、いろいろな登場人物を通して女性の恋愛観、結婚観、仕事観を掘り下げる形になっています。農業の話も、婚活の話も、それぞれ面白く、最後まで一気に読め...
すべて読む

ぼくたちの青春は覇権を取れない。 -昇陽高校アニメーション研究部・活動録-

電撃文庫 2018/4/10有象利路 (著)うまくち醤油 (イラスト)(1巻)高校のアニメーション研究部を舞台とした、部室系ラブコメ。短編ミステリ風な展開を組み合わせて全体の大きなシナリオが組み立てられ、序盤から中盤まではテンポよく楽しく読めました。終盤はやや重い展開ですが、意外などんでん返しもあり良かったと思います。ただ、本格的なミステリとして読むと、あちこち無理な設定やアラが目立つのが残念です。学園ラブコメと...
すべて読む

聖王国の笑わないヒロイン

ヒーロー文庫 2017/9/30青生 恵 (著)ふゆの春秋 (イラスト)(1巻)中世ヨーロッパ風の異世界ファンタジー。元はネット小説のようです。登場人物が「ゲーム」とか「イベント」とかという用語を使うので、おそらくゲーム世界なのだと思いますが、ヒロインにはその自覚が無いので、読んでいる方はどのような視点で理解すればよいのか中途半端でもやもやします。ストーリーは「さらわれた王子を救い出す」というイベントが主軸ですが...
すべて読む